東京でのウェディングをお考えの方必見!口コミで人気の高い結婚式場を紹介しています。

結婚式当日の持ち物はなに?持っていくと便利なものも紹介!

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/03/31


新郎新婦にとって人生で一番の思い出になる結婚式。よい思い出にするためにも、当日の忘れ物はなんとしても避けたいですよね。当日の朝になってバタバタするのを防ぐためにも、事前に持ち物を確認して準備しておきましょう。本記事では、新婦・新郎それぞれの持ち物と共通の持ち物、さらに持っていくと便利なものまでご紹介します。

「新婦」持ち物

新婦は洋装と和装の場合で持ち物が変わってきます。それでは洋装と和装それぞれの持ち物と共通の持ち物を確認していきましょう。

洋装の持ち物

・ウェディングドレス用の花嫁下着(ブライダルインナー)
・ヌードカラー、またはホワイトカラーのストッキング×2、3枚(伝線したときの予備)
・ブーケ・アクセサリー・シューズなど自前で用意した小物類

和装の持ち物

・足袋・肌襦袢・長襦袢・帯板・裾よけ・腰紐など和装の小物類
・補正用タオル2〜3枚

共通の持ち物

・ストールやショール
・メイク道具
・ヘアメイクのオーダー資料
・花嫁の手紙
・生理用品

ストッキングの色はどちらがいいか、事前に式場のスタッフに確認しておきましょう。また、和装の場合の小物類は式場によって自分で用意するものが変わってくるので、こちらも式場のスタッフに確認しましょう。生理用品は、急に生理になったときのことを考えると、当日生理でなくても持っておいたほうがいいでしょう。

「新郎」持ち物

新郎も新婦と同じく洋装と和装で持ち物が変わります。同じように洋装と和装それぞれの持ち物と共通の持ち物を確認していきましょう。

洋装の場合

・インナーシャツ(汗っかきの人は2枚持っておくと安心)
・靴下(タキシードのパンツの色に合わせて)
・蝶ネクタイやネクタイ
・カフスリング
・サスペンダー
・腕のバンド(長さを調節するもの)
・靴

和装の場合

・足袋・肌着・ステテコなどの下着類や小物類
・補正用タオル2〜3枚

共通の持ち物

・新郎用のヘアアイテム(整髪料・鼻毛カッターなど)
・新郎謝辞の原稿

靴下はチラッと見えても不自然でないような、白や黒、グレーあたりが無難です。新郎も和装の場合の小物類は式場によって自分で用意するものが異なるので、事前に確認しておきましょう。

「共通」持ち物

それでは新郎新婦に共通する持ち物を確認していきましょう。

・結婚指輪・リングピロー
・二次会に着ていく服(ドレス)や靴
・BGMの音源
・映像演出のDVD
・親やゲストへのギフト類
・お礼・お車代を入れたご祝儀袋
・婚姻届(当日提出する場合)
・現金・財布
・スマートフォン・携帯電話
・自宅の鍵
・マスク
・受付のリスト(必要な場合)
・ご祝儀など貴重品を入れておく袋(必要な場合)

お礼やお車代などは事前に新札を用意しておきましょう。また、もし式場代を当日に支払うなら現金も持っておくことをおすすめします。追加料金や二次会のことも考えて多めに持っておくと安心です。式の進行に関わる大事なものは必ず忘れないように事前に準備しておきましょう。

持っていくと便利な持ち物

それでは最後に、必ずではありませんが、持っておくと便利なものをご紹介します。

・白いハンカチ(2人分)
・携帯の充電器
・デジカメやビデオカメラ
・小さめのバッグ(スマホやハンカチを入れて持ち運べるもの)
・自宅に届いた電報やプレゼント(式で披露したい場合)
・大きめの紙袋やバッグ(プレゼントなどを入れるため)
・軽食(飲み物・飴・ドリンクゼリーなど)
・予備の新札とご祝儀袋・名前を書くペン
・靴を入れる袋
・常備薬(目薬・胃薬・鎮痛剤・抗アレルギー薬など)
・ハンドクリームや爪切り
・ストロー
・絆創膏
・制汗スプレーや汗拭きシート
・歯ブラシ
・手鏡
・口紅
・コンタクトレンズ・洗浄液・眼鏡
・ウコンなど対お酒用の薬
・進行表
・スタッフの方々への心づけ

ハンカチは2人とも持っておくといいでしょう。新婦が花嫁の手紙を読んでいる時に涙が溢れても、新郎がそっとハンカチを差し出してあげることができれば紳士度が増します。大きめのバッグや紙袋は、二次会などでプレゼントをもらったときなどにかなり重宝します。

制汗スプレーや汗拭きシートは、式が夏であれば持っておいたほうがいいでしょう。歯ブラシは、式場で軽食を出してくれたり、自分で持ってきたものを食べたりしたときに歯を磨くことができるので、持っておくといいかもしれません。手鏡や口紅は、式中にこっそり確認して自分で塗り直すことができるので持っておくととても便利です。

また、お酒を飲む方は、たくさん飲んでしまっても大丈夫なように対お酒用の薬を事前に飲んでおいた方がいいかもしれません。

 

結婚式当日の持ち物は意外と多いので、必ず数日前には自分でチェックリストを作って、少しずつ準備していくようにしましょう。新札など、すぐに用意することがむずかしいものもあるので、前日に用意し始めるのではなく、1週間ほど前から計画的に進めていくことをおすすめします。当日になって、忘れ物や「アレを持ってきたらよかった」などと後悔をすることのないように、新郎新婦2人でしっかり持ち物チェックをして思い出に残る結婚式にしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧