東京でのウェディングをお考えの方必見!口コミで人気の高い結婚式場をランキング形式で紹介しています。

結婚式に異性ゲストを招待したらダメ?ゲスト選びの基本を知っておこう

公開日:2020/05/01  

結婚式の準備の中で新郎新婦の頭を悩ませるポイントの一つに「招待するゲスト選び」が挙げられます。誰を招待すればよいのか分からなくなり、なかなか決められず時間だけが過ぎ去ってしまうケースも多く見られます。ゲスト選びの基本を知り、様々な注意点も頭に入れておきましょう。

結婚式のイメージを固めて優先順位を付けていこう

ゲストの基本的な選び方として、まず結婚式場でどのような結婚式を挙げたいのかを具体的にイメージしてみましょう。

家族や親族をメインにした少人数の結婚式を挙げたいのか、家族や友人を招きアットホームな雰囲気にしたいのか、会社関係のゲストも招待ししっかりと紹介したいのか、カップルによって挙げたい結婚式のイメージも異なります。そうするとゲストの中心層がどのような層になってくるのかが自然とわかってくることでしょう。

中心層が決まれば、次に誰を呼びたいのかを考えていきます。ここでは細かい事を気にするのではなく、自分が呼びたいと思った人物を決めていきましょう。その際に自分や相手、家族との関係についてもまとめておくとよいでしょう。

リストアップすることができたら、絶対に呼ばなければならない人から順番に優先順位を付けていきます。リストアップしても全員を呼ぶことができないかもしれません。人数が多過ぎれば会場に収まらず、新郎側と新婦側のゲストのバランスが悪くなってしまうなど様々な理由で、招待できない人も出てくるでしょう。

会場に入れる人数や予算などを考えて、新郎と新婦側で何人のゲストを呼ぶのかを決めて招待ゲストを選んで行きましょう。招待するゲストを選んだ場合には、結婚式場でどのテーブルに着くのかを分けてみることも大切です。場合によってはテーブルを増やしたりグループの組み合わせを考え直したり、ゲストを増減させなければならない可能性も出てきます。

両家両親の意向やバランスも確認しよう

結婚式場で結婚式を挙げるのはもちろん新郎新婦ではありますが、結婚式は両家が大きく関わることであるのは事実です。結婚式に招待するゲストを選ぶ場合には、両家両親の意向もしっかりと確認しなければなりません。

結婚式のイメージとして、友人だけを招いてアットホームな雰囲気にしたいという考えがあったとしても、両親の考えとしては我が子の結婚を親戚たちにしっかりと報告したいと考えているかもしれません。自分たちがどのような結婚式を挙げたいのかを伝えながら、両家両親の希望もしっかりと把握しておくことが大切です。

場合によっては両親との意見が食い違ってしまうこともあるかもしれません。そのような場合には両親向けのきっちりとした披露宴を行って、二次会で友人中心のアットホームなパーティーをするなどといった構成も一つの手段になるでしょう。

結婚式に親族を招待するケースも多く見られますが、この場合には両親に協力をしてもらうことも大切です。一度自分たちでリストアップしたものを確認するのも良いですが、親戚のリストアップのすべてを両親に任せてしまうのも一つの方法です。

人数が新郎と新婦で半々にならずどうすればよいのかわからないという人も多いかもしれませんが、必ず半分にしなければならないわけではありません。両親の意見を聞きながら、ゲストの割合を決めてリストアップしていくことが大切です。

異性のゲストを招待するのであれば

中には結婚式に異性の友人を招きたいと考えている人もいるかもしれません。異性の友人を招待した場合に、周りの人たちに詮索されてしまうのではないかと思い、招待することを決められない新郎新婦もいるものです。

しかし、東京の結婚式場で異性の友人を招待したことがあるケースは60%ほどと、意外にも多いことがわかります。異性のゲストを招待したいのであれば、さまざまな注意点や気遣いのポイントを押さえておく必要があります。

まず、異性の友人を招待することを、両親や親戚などに事前に伝えておくとよいでしょう。特に年齢層が上の人たちは、友人が異性であるだけで何かと話題になったり、疑いをかけられてしまう可能性も考えられます。事前に伝えておくことで余計な波風を立たせずに済みます。

もちろんパートナーにも説明し、理解してもらう事も必要でしょう。どのような関係の友達なのかをきちんと説明しておくことが大切です。場合によっては異性の友人を招待することで機嫌が悪くなってしまうなど難色を示すかもしれません。

このような場合には、潔く招待しない決断をすることも重要です。そして両親やパートナーへの配慮も大切なことですが、招待する異性の友人に対しても配慮しなければなりません。一般的に結婚式は広い年齢層の人たちが招待されているので、男女混合のグループのテーブルを作るなど、ひとりぼっちにさせないような配慮が必要です。

 

このように東京の結婚式場で異性をゲストに呼ぶ場合には家族や親類、パートナーへの説明や理解が必要です。異性の友人を招待することはいけないことではありませんが、パートナーや家族、また招待する異性の友人に対しても様々な配慮が必要となります。事前に確認することで、誰もが気持ちのよい結婚式にできることでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧