東京でのウェディングをお考えの方必見!口コミで人気の高い結婚式場をランキング形式で紹介しています。

ゲストにも楽しんで欲しい!披露宴で盛り上がる演出を教えて

公開日:2020/05/01  

新郎新婦の親族や友人、仕事の関係者など多くの人を呼んでおこなう結婚披露宴は、結婚する二人にとって楽しみになるイベントですが招待したゲストにも楽しんでもらいたいものです。披露宴でも、さまざまな演出がおこなわれていますが、ここでは中でも皆の気分が盛り上がる人気の演出についてご紹介します。

楽しく見ることができるムービー演出

結婚式場でおこなわれている披露宴で、よく取り入れられているのがムービー演出です。特にパーティのスタートとして相応しいオープニングムービーや、新郎新婦二人の馴れ初めを紹介するプロフィールムービー、さらに披露宴の締めに流すエンディングムービーなどは定番となっているものです。

オープニングムービーは、新郎新婦が入場する前のタイミングで会場に流される映像です。会場の照明が落とされて、音楽とともに映像が流れると、見ているゲストもこれから始まるパーティへの期待感が高まります。これによってパーティ全体の印象が左右される場合もあでしょう。それほど大切なポイントです。

またプロフィールムービーは、会の途中で流す新郎新婦の紹介用の映像です。二人それぞれの生い立ちや出会い、結婚に至るまでのことをまとめてみることができます。これを流すことによってパーティ全体の流れの中でメリハリをつける効果があり、ムービーの内容によっては見ているゲストにも笑いや感動を起こすことができるでしょう。さらに、本人たちが出演してストーリー仕立てにしても面白いものができるのでおすすめです。

また会の終わりのエンディングムービーを利用すれば、披露宴を綺麗で感動的に締めくくれます。

ゲストも盛り上がる新郎のプロポーズ

結婚に至るまでには新郎から新婦、もしくは新婦から新郎にちゃんとプロポーズをしたという人ばかりではありません。何となくプロポーズをしないままで結婚するに至ったというカップルも多くいます。そのような場合に、結婚式場でもよく取り入れられている披露宴の演出には、サプライズプロポーズがあります。

このサプライズプロポーズは、一般的には新郎から新婦へ、結婚式の当日に多くのゲストの前で演出の1つとしておこなわれるものです。勿論、既にプロポーズをしたという人もそうでない人もすることができます。新郎としてはちょっと勇気がいるものかも知れません。

しかし今までプロポーズらしい言葉を言ってもらっていなかった新婦の立場としては、やはり嬉しいものだと思います。そんな二人の様子を見ているゲストとしても、サプライズでプロポーズをする新郎や、その言葉を聞いた新婦の両方の姿に、共感したり頑張れと応援したくなるような気持ちになったりするでしょう。

結婚式場全体が感動的な雰囲気に満ち溢れ、披露宴も盛り上がります。 また一言でプロポーズといっても、アイディア次第でさまざまな雰囲気が演出可能です。例えば新郎だけでなくゲストの友人も一緒に協力して新婦にサプライズをしたり、新郎から新婦へ歌を歌うとともにプロポーズをしたりといった演出も盛り上がるでしょう。

会場が感動で盛り上がる花嫁の手紙

披露宴の定番の演出ながら、もっとも感動に包まれるものであるため、結婚式場でも良く取り入れられているのが花嫁の手紙です。これは新婦が両親や新郎に当てた手紙を朗読するというもので、涙なしにはいられないという人も少なくありません。

パーティが終わりに近づいたころの、披露宴のクライマックスに相応しい演出です。娘から親や親代わりになった大切な人、家族などへの感謝が綴られた手紙はその場を感動的なものにしてくれます。

しかし「自分の気持ちを表現した手紙を人前で読みたくない」「泣いてしまうから恥ずかしい」と、思う人もいるかもしれません。手紙を読む演出を入れるか入れないかは、新郎新婦やそれぞれの家族によって決めるのが一番です。

とはいえゲストの心に残る感動的な盛り上げをするというサービス精神の1つとして、取り入れる価値はある演出かもしれません。どうしても読みたくない場合には、代わりの人が読んだり録音やムービーにするという方法もあります。

さらにその場では読まずに、手紙をそのまま両親に渡すのもよいでしょう。ちょっと変わったところでは、花嫁の手紙をオリジナルの歌にしてプロの歌手が歌うというサービスも出てきているようです。 自分では読みたくないという場合には、このような方法で気持ちを伝えたり披露宴を盛り上げたりするのも良いでしょう。

 

結婚式場でも良く取り入れられている、結婚披露宴が盛り上がる演出についてご紹介しました。どれも新郎新婦のみならずゲストにとっても楽しめるものとなっているので、気になる演出があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧