東京でのウェディングをお考えの方必見!口コミで人気の高い結婚式場をランキング形式で紹介しています。

披露宴の印象を左右する!結婚式に重要なウェルカムボードの作り方

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/31


結婚式をする際に必要なのがウェルカムボードです。受付付近に設置されたウェルカムボードは誰もが目にする物だと思います。とはいえ、ウェルカムボードの種類はたくさんあり、どれも素敵なので迷う人も少なくありません。そこで今回は、ウェルカムボードの作り方や流れ、デザインについて紹介していきます。

ウェルカムボードとは

そもそもウェルカムボードとは結婚式場の入り口や受付に設置してある、ゲストをお迎えする場所に設置してあるボードです。本来の意味合いとしては、誰の式が何時からどの会場で行われるのかを示すものでした。しかし最近では、ゲストを楽しませるおもてなしグッズとして使われています。

ウェルカムボードはどうやって作るの?

では、そもそもウェルカムボードはどのように作っているのでしょうか。以下ではウェルカムボードの作り方を7つ紹介しますので、順番に見ていきましょう。

専門店に依頼する

ウェルカムボード専門店に依頼する方法です。結婚式場と連携している専門店であれば、結婚式場に直接配送してくれる場合もあるので、結婚式場に持ち込む手間が省けてスムーズに設置までお任せできるでしょう。

前撮りしたスタジオに依頼する

前撮りで撮った写真を撮影スタジオに依頼して、ウェルカムボードに利用できます。好きな写真をセレクトしサイズを決めれば、あとは素敵なウェルカムボードが完成するまで待つだけです。

ハンドメイドサイトを利用する

ハンドメイドサイトにはウェルカムボードを作成してくれるクリエイターがいます。クリエイターの手作りなので、1点ものが多く個性的で他の人と被る心配はありません。いろいろなクリエイターがいるので自分の好みの人を探しながらイメージを膨らませましょう。

ウェルカムボードキットを購入する

手作りをしてみたいがセンスがないという方には、手作りキットがおすすめです。デザインは決まっており、材料も揃っているので、後は見本通りに作成するだけなので、センスも問われません。

ワークショップへ行く

ウエディングアイテムショップやフラワーショップなどで定期的に開催されているウェルカムボードのワークショップを利用しましょう。材料は揃っている上、講師の先生もいるので、分からないことは聞けるので失敗する心配はありません。

手作りする

自分で1から手作りする方法もあります。デザインから材料集めまですべて自分で作る方も少なくありません。100均などでも材料がそろうので値段も抑えられるのも嬉しいポイントです。とはいえ新郎新婦は何かと決めることも多く忙しい場合が多いです。手作りする際は、時間に余裕を持って作りましょう。

友達に依頼する

ハンドメイドが得意な友人がいれば依頼しましょう。新郎新婦のことを理解している友達であれば、好みのデザインのウェルカムボードを作ってくれるはずです。ただし、友達に頼む場合は、感謝の気持ちを忘れずに作成期間も充分に確保してから依頼しましょう。

作成の流れ

ウェルカムボードは、いきなり作ってしまわずに段階を踏んで作るようにしましょう。以下では作成の流れを紹介するので、順番にチェックしていきましょう。

ウェルカムボードの設置場所を決める

披露宴会場の受付を実際に確認し、どのくらいのスペースがあるかを確認しましょう。見学に行った際に披露宴が行われていれば、実際の飾りつけを見られるのでイメージが沸きやすいかと思います。スペースを見るだけだとサイズが分からないと思うので、他の方がどのくらいの大きさのものを使用しているのか、参考程度に聞いておくのもおすすめです。

ウェルカムスペースのイメージを決める

ウェルカムスペースの大きさが分かれば、イメージを決めましょう。イメージを固めておけばアイテム選びにもブレが出ないので、スムーズに進んで行きます。

ウェルカムボードのデザインを決める

全体的なイメージができれば、ウェルカムボードのデザインを決めましょう。とはいえ、この段階で細かく決めてしまわなくても大丈夫です。色合いやモチーフなどを決め、写真や似顔絵、使いたいアイテムを考えておきましょう。大まかなデザインがイメージできていれば、紙に書き写しておくと実際に作り始めたときにブレずに進められます。

ウェルカムボードに記載する内容を決める

デザインが決まれば、ウェルカムボードに記載する内容を決めましょう。名前や、日付、結婚式場、メッセージを記載するのか、記載する字体は、漢字かひらがなかアルファベットにするかなどを考えておきます。

依頼するか自分で作るか決める

ウェルカムボードは自分でも作れますが、オーダーしたり、ワークショップに作りに行くなど手段があります。どの方法で作るのかを決めましょう。また、オーダーになれば費用は高くついてしまうので、予算も2人で相談しなければいけません。

実際に作り始める

ウェルカムスペースやウェルカムボードのイメージができれば、実際に作って行きます。オーダーするのであれば、自分のイメージを相手に伝えなければいけないので、細かい部分までしっかりと伝えられるように準備しておきましょう。

おすすめのデザインを紹介

では最後にウェルカムボードのおすすめのデザインを紹介します。ウェルカムボードのデザインを考える時の参考にしてください。

グラフィックウェルカムボード

定番のウェルカムボードといえば、グラフィックデザインのものでしょう。写真やイラストなどがないシンプルなデザインがおしゃれです。結婚式が終わってからも、新居の玄関に飾るなどの活用方法があります。

写真入りウェルカムボード

前撮りや思い出の写真を1枚セレクトし、大きく引き伸ばしてボードにして使います。2人が笑顔でいっぱいの写真はウェルカムボードにピッタリです。

似顔絵

2人の似顔絵を書いてもらう方法です。似顔絵のパターンもさまざまで、シンプルでおしゃれなものやデフォルメされたおもしろいものなどがあるので、好みに合わせた似顔絵を書いてもらいましょう。

 

ウェルカムボードは結婚式場の顔になるものです。一番初めに目にするところなので、こだわりたいところだと思います。とはいえ、いろいろなデザインや作り方があるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。迷った場合は、まず結婚式や披露宴のイメージと統一させてみてください。必ずイメージに合うウェルカムボードが作れるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧